インデックス投資実践記

【8か月目】インデックス投資実践記(20200301~20200401)【新型コロナウイルスの影響大】

【8か月目】インデックス投資実践記(20200301~20200401)

こんにちは!

きょろまんたろう(@hakataindex)です。

今月も現在の資産状況をご報告させていただきます。

総合・つみたてNISA口座

総資産状況

インデックス投資を始めて8か月の成績がこちらになります。

※2020/4/4 時点

【8か月目】インデックス投資実践記(20200301~20200401)

参考までに、インデックス投資を始めて7か月の成績はこちらでした。

※2020/3/2 時点

【7か月目】インデックス投資実践記(20200201~20200301)

今月の含み損は90,453円でした…!

リーマン・ショックを軽々と越えてくるとはだれが予想したでしょうか?笑

しかしこんな状況こそ我慢時なんですね。

インデックス投資は「人間はどんな経済難に陥っても働き続け、利益を生み出そうとする」という資本主義社会に対して投資をしているようなものです。

>>>【初心者向け】そもそもインデックス投資とは?わかりやすく説明!

今回のコロナウイルスの影響で様々な人々が経済的ダメージを受けています。

でも国は政策を打ち立てます、補助金を援助します、マスクを2枚給付します。笑

そして人々はまた「豊かな暮らし」に向けて働きだすことでしょう。

だから私は経済状況がどうであろうが、これからも定期的にインデックスファンドを積み立てます。

そう、株価が下がった今こそ、インデックスファンドのバーゲンセールなのですから。

特定口座

とんでもない大暴落です。笑

一番購入している「ニッセイ外国株式インデックスファンド」(アメリカ株)のダメージが大きいのは一目瞭然です。

しかし最近の動向を見ていてもやはりアメリカは日本よりも経済政策をとるスピードが速いですね。

コロナウイルスに対して今後どのような対応を示していくのか、トランプ政権の動きに要注目です。

※2020/4/4 時点

【8か月目】インデックス投資実践記(20200301~20200401)

※2020/3/2 時点

【7か月目】インデックス投資実践記(20200201~20200301)

つみたてNISA口座

※2020/4/4 時点

【8か月目】インデックス投資実践記(20200301~20200401)

※2020/3/2 時点

【7か月目】インデックス投資実践記(20200201~20200301)

購入銘柄

購入銘柄については、変わらず初月度から同じものを積み立てています。

国内株式クラス

国内株式クラスは「eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)」です。

コロナの影響でまたもや基準価額が低減しました!

バーゲンセールバーゲンセール…笑

管理費用(手数料)は変化なしです。

※2020/4/4 時点

【8か月目】インデックス投資実践記(20200301~20200401)

※2020/3/2 時点

【7か月目】インデックス投資実践記(20200201~20200301)

外国株式クラス

外国株式クラスは「ニッセイ外国株式インデックスファンド」です。

コロナの影響で基準価額が約3,000円も低減しました。

バーゲンセールバーゲンセール…笑

管理費用(手数料)は変化なしです。

※2020/4/4 時点

【8か月目】インデックス投資実践記(20200301~20200401)

※2020/3/2 時点

【7か月目】インデックス投資実践記(20200201~20200301)

新興国株式クラス

新興国株式クラスは「SBI・新興国株式インデックス・ファンド」です。

こちらも2,000円弱価格が低減しております。

管理費用(手数料)は変化なしです。

※2020/4/4 時点

【8か月目】インデックス投資実践記(20200301~20200401)

※2020/3/2 時点

【7か月目】インデックス投資実践記(20200201~20200301)

債券クラス

債券クラスには変わらず「個人向け債券 変動10年」を採用しております。

元本保証のローリターンローリスク投資という多大なメリットがありますが、

  • 積立設定できない(手動購入)
  • 10,000万円単位でしか購入できない

というデメリットがあります。

つまり、理想のポートフォリオが保持しにくいというデメリットにつながりかねません。

完全ほったらかしにしたい方は債券クラスのインデックスファンドをオススメします。

ポートフォリオ

現在の私のポートフォリオの状況は以下のようになっています。

理想

インデックス投資 ポートフォリオ

実績

※2020/4/4 時点

【8か月目】インデックス投資実践記(20200301~20200401)
国内株式 外国株式 新興国株式 国内債券
金額 48,188円 284,822円 47,176円 100,000円
割合 9.8% 58.2% 9.6% 20.4%

※その他、全世界インデックスファンドが僅かにアリ

 

私のポートフォリオの理想値は、以下の2項目を指標としています。

  • 「国内:外国:新興国:国債=1:6:1:2」
  • 「株式:債券=8:2」

概ねこれら2つの条件をみたしているポートフォリオになっていますから、この割合を保ったまま今後も積立を継続します。

債券クラスの「個人向け債券 変動10年」を10,000円単位で手動にて購入しており、この比率をキープするのがやや煩雑です。

手動購入がめんどくさい方は、国内債券クラスもインデックスファンドを購入することをオススメします。

※インデックス投資で勝てるポートフォリオの作り方は以下からどうぞ。

>>>【最重要】「投資で勝つポートフォリオ」の作り方を公開!

iDeCo口座

総資産状況

iDeCoは積立を始めて半年が経ちました。

利回り-47.03%wwwwwwwwww

iDeCoについては特に考察はしません。60歳まで塩漬けです。

※2020/4/4 時点

【8か月目】インデックス投資実践記(20200301~20200401)

※2020/3/2 時点

【7か月目】インデックス投資実践記(20200201~20200301)

購入銘柄

iDeCoでの購入銘柄は100%で「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」にしております。

総合・つみたてNISA口座ではきれいに調整して分散投資していますが、iDeCoはNISAほど購入銘柄の選択肢が多くありません。

ですので、全世界ものに100%投資しております。

こちらも基準価額が約1,500円ほど低減しました。

また、管理費用(手数料)が0.222%⇒0.212%に減りました!

インデックスファンドは各会社から様々なものが出て競合していることもあり、管理費用が低減する傾向にあります。

今後も管理費用の低減に期待しましょう!

※2020/4/4 時点

【8か月目】インデックス投資実践記(20200301~20200401)

※2020/3/2 時点

【7か月目】インデックス投資実践記(20200201~20200301)

まとめ

先月の実践記にて「今月は本格的に新型コロナウイルスの影響をくらい…」と記述しましたが、あれはまだまだ序の口にすぎなかったのですね。笑

前述にもありますが、インデックス投資は「豊かな暮らしを望む人々が働き続ける」限り、積み立て続ける意味があると思っています。

まんたろう
まんたろう
コロナウイルスの影響で各国の優秀人材が全滅し、経済状況を立て直すことは100%無理!!!

ともならない限り、焦って積立をやめる必要はないと思います。

なにはともあれ、インデックス投資のバーゲンセールだと思って、気楽に積み立てていきましょう^^

これからも定期的にご報告させていただきます。

この記事が皆様の一助となりますように。

以上、失礼いたします。

※インデックス投資に興味がある方は、まずは以下の記事からお読みください!

>>>【初心者向け】そもそもインデックス投資とは?わかりやすく説明!

ABOUT ME
きょろまんたろう
20代現役ITサラリーマン/脱サラする方法を本気で研究してます/人と違う生き方をしよう/インデックス投資と不動産投資、奥さんはプログラミング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA